[S9-3-3] 森林減少・劣化による花粉媒介・生物制御サービスの広域変動予測手法の開発

私たちは森林生態系から様々な恩恵(=生態系サービス)を受けています。たとえば森林に住む昆虫たちが、農作物の花粉を運んで受粉することで、果実や種子を収穫することができます。捕食者や寄生者などの天敵昆虫は、害虫の制御を助けてくれます。またきのこや微生物は、枯れ木や落ち葉を分解して物質循環などに役立ちます。生態系サービスによってより安全安心な生活を享受するために、生態系と生態系サービスとの関係を明らかにする必要があります。

そのためにこのチームは、森林のタイプや状態と生態系サービスを提供する生物との関係を明らかにします。
すなわち、
  • 花粉媒介昆虫と森林面積や森林植生との関係
  • 天敵昆虫と森林面積や森林植生との関係
  • 枯死木分解生物と森林植生との関係
を調べます。

これらの結果を用いて、日本及びアジアの広域で生態系サービスの変動予測を行う手法を開発します。

ą
asia s9,
2012/02/29 18:22
Comments