[S9-1] 統合チーム


生物多様性の広域推定や変動の予測、さらには適切な保護区の設定に関する研究は、近年急速に進んでいます。
また科学的な結果を実効性のある政策へと活かすためには、わかりやすく戦略的な提言が必要です。
 
統合チームではテーマ2-5の結果の提示方法や政策提言を支援するために、
解析手法やテーマ横断的な統合解析モデルのセットを整えることと、
領域2-5でカバーできない課題(複合生態系、農業環境、貿易による他国への負荷)について、生物多様性の定量評価と将来予測を行ないます。
 
その結果、領域間および領域内の研究成果を統合することにより、強固な科学的基盤にもとづいた自然共生社会の実現に必要な提言を行ないます。